ピーリング石鹸の効果について

MENU

ニキビのためのピーリング石鹸のメリットとは?

洗顔するだけで手軽にピーリングができるピーリング石鹸は、ニキビケア洗顔料として人気を集めています。
洗顔の時にピーリングができることで、どのようにニキビケアができるのか、肌への負担はどうなのか、どんなメリットがあるのかをここでお話しします。

 

 

わざわざピーリングをしなくていい

 

ピーリングというと、洗顔ではなくピーリング剤を使って古い角質を落とす方法がまだまだ主流ですよね。
クレンジングや洗顔、化粧水、乳液など、ただでさえスキンケアには時間がかかってしまうのに、わざわざピーリングをしなければいけないのが面倒な人には、ピーリング石鹸は大変おすすめです。

 

ピーリング剤よりも低刺激で、洗顔の時に少しずつ古い角質を落として行けるので、いつの間にか肌がツルツルになっているのを実感していただけると思います。
ピーリング石鹸は、肌のターンオーバーが遅くなっている肌を少しずつ正常な周期に戻すのに最適な洗顔石鹸です。

 

 

ケミカルピーリングができる石鹸

 

エステなどで人気があるケミカルピーリングはご存知ですか?
ケミカルピーリングとは、配合されているAHAなどのフルーツ酸で古い角質を落としていくというニキビ跡に悩む人に人気なピーリング法です。

 

ピーリング石鹸に含まれているフルーツ酸は、エステなどで使用されているピーリング剤の5分の1しか含まれていないので刺激も少なく安全に洗顔をすることができます。
古い角質がたまることで、ニキビができやすかったり、ニキビが治りにくくなっている肌質を低刺激のピーリングによって変えていき、1週間後にはまるでエステでケミカルピーリングをやったような肌に生まれ変わります。

 

 

大人ニキビにもニキビ跡にもいい

 

ピーリング石鹸で洗顔をすることで、少しずつ古い角質を剥がしていけます。
本格的にピーリングをすると、刺激が強すぎるのと、角質が剥がれるスピードが早くなることで、肌のターンオーバー周期も早まり、逆にニキビができやすくなってしまいます。

 

ピーリング石鹸のピーリング効果は優しいので、肌に負担を与えずに、大人ニキビに強い肌へと変えていってくれるのが最大のメリットです。
なかなか消えてくれないニキビ跡にもしっかり効いて、ニキビ跡をつくらない肌へと変えていってくれるのです。
刺激が強いピーリング剤に抵抗がある人は、ピーリング石鹸を使用してみてはいかがでしょうか?