ノンオイルクレンジングについて

MENU

ノンオイルクレンジングがおすすめな理由

オイルクレンジングは汚れがよく落ちて、肌への摩擦も少ないことから大変人気がありますが、大人ニキビができやすい人には実はお勧めできません。

 

クレンジング剤がオイルであることで、一体どのような悪影響が及ぼされるのか、ここで詳しくお話しします。
オイルクレンジングをやめたら、劇的に大人ニキビがなくなったという人はたくさんいるのです。

 

 

オイルによってニキビが悪化する

 

油分はアクネ菌にとって、エサともなる成分なのです。
大人ニキビができるメカニズムをもう一度思い出してみてください。
皮脂が過剰分泌することで、毛穴に皮脂や汚れがつまるようになり、そこにアクネ菌が大量に発生することで大人ニキビができます。
アクネ菌の発生が多くなるほど、炎症は広がっていくのですが、そのアクネ菌のエサになっているのが皮脂なのです。

 

皮脂は油分ですよね?
オイルクレンジングのオイルも油分ですから、アクネ菌のエサとなり、さらに大人ニキビを悪化させてしまう可能性があるのです。

 

 

オイルが毛穴に残ることもある

 

オイルクレンジングでクレンジングをした後に、自分ではしっかりクレンジング剤を洗い流したつもりでいても、肌や毛穴に残っているというのはよくある話です。
肌や毛穴にオイルが残ってしまうことで、アクネ菌が活発に繁殖して、新たな大人ニキビを発生させたり、できてしまっている大人ニキビを悪化させる可能性が高くなるのです。

 

オイルクレンジングは、オイルなだけに肌への付着力があるので、比較的落ちにくいのが特徴です。
洗浄力はあっても、ニキビ肌にはあまりお勧めできないので使用は避けるのが賢明です。

 

 

オイルを落とすために洗顔が念入りに

 

オイルクレンジングをお勧めできない理由がもうひとつあります。
それは、クレンジング後にオイルが肌に残ることで、無意識に洗顔が念入りになってしまうからです。

 

洗顔をしようとした時に、なんとなく肌の表面がオイリーだったら、洗顔にも気合いが入ってしまいますよね。
その積み重ねこそが、大人ニキビをつくりやすい肌にしてしまうのです。
念入りな洗顔は、肌にかなりの負担を与えてしまい、乾燥肌から敏感肌へと進行させてしまう可能性もあります。

 

肌に優しい洗顔を続けるためにも、オイルクレンジングは避けるようにしたいですね。