MENU

低刺激のニキビケア化粧品とはどんなもの?

大人ニキビを繰り返している人の肌は、乾燥肌か敏感肌になっていることが多いようです。
乾燥肌、敏感肌の化粧品を選ぶ時は、特に刺激物が入っていないかに注意して選ばなければいけません。
それは一般的な化粧品だけではなく、ニキビケア化粧品についても同じことが言えます。

 

ここでは、低刺激のニキビケア化粧品を選ぶ時のポイントをお話しします。

 

 

天然成分が配合されているものを選ぶ

 

天然成分が配合されている化粧品は以前に比べると大分増えましたよね。
成分が天然ということはその分、肌に優しいということで、ニキビケア化粧品も天然成分が配合されているものが人気です。

 

天然成分とは、主に植物エキスのことを言います。
最近よく聞くのが、豆乳やドクダミ、甘草から採取されるグリチルリチン酸などですね。
それらの天然成分は、肌に優しいのでニキビケア化粧品を選ぶ際にはポイントにしていただきたいです。

 

 

界面活性剤、パラベンなどが含まれていないもの

 

シャンプーやコンディショナーにおいてもよく言われていることですが、界面活性剤やパラベンなどが含まれたニキビケア化粧品は刺激が強いので避けた方がいいです。
界面活性剤は、水分と油分を混ざり合うように乳化させる化合物で、化粧品を使いやすくするために配合されています。
界面活性剤は、肌の角質層やバリア層を破壊する特質を持っているので、ニキビケア化粧品としてはお勧めできません。

 

パラベンは防腐剤です。
化粧品が腐らないようにと優れた効果を発揮してくれますが、肌への刺激も強く、人によってはアレルギーを引き起こすことがあるので要注意です。

 

 

無香料、無着色、無鉱物油のものを選ぶ

 

ニキビケア化粧品を選ぶ時は、無香料、無着色、無鉱物油のものを選びましょう。
そもそも、低刺激な無添加と表される化粧品には、香料、着色料、鉱物油は一切使用されていません。
低刺激なニキビケア化粧品を選びたいのなら、無添加であることが大前提となります。

 

鉱物油が入っていると、ほとんどの場合、界面活性剤も入っていることが多く、鉱物油とともに肌にかなりの刺激を与えるので、特に大人ニキビに悩んでいる人にはお勧めできません。
天然成分配合の無添加で無化合物のニキビケア化粧品は、使い心地が最初は頼りないかもしれませんが、しっかりとニキビ肌を改善してくれます。