ニキビ改善の為の保湿対策について

MENU

正しい保湿対策について

保湿と聞くと、油分であるクリームなどを肌に塗ればいいのではないかと思っていませんか?。
手荒れや肌荒れの際には、確かに油性のクリームで対策をすることが多いのですが、ニキビ肌は油分よりも水分をまず必要としているのです。
このメカニズムを正しく知って、ニキビ肌を改善して行きましょう。

 

 

洗顔後すぐに肌が乾燥しませんか?

 

大人ニキビができやすい人の多くは乾燥肌になっています。
一度試しに、洗顔後の肌の状態を観察してみてください。
洗顔後すぐに肌が乾燥していったならば、立派な乾燥肌だと言えますから、すぐにでも水分補給をしてあげなくてはいけません。

 

「普段から皮脂が多くて、その皮脂を取り除くだけでも大変なのに、まだ保湿をするの?」と疑問を抱く人も多いかもしれませんね。
しかし、皮脂は油分になりますから、油分だけで肌が潤っていることにはなりません。
水分と油分ーこの2つがバランスよく保たれることで肌は潤っていると言えるのです。

 

 

保湿は油分でするもの?

 

保湿は油分だけでするものでもありませんし、油分を優先させるものでもありません。
水分を十分に肌に補給してあげてから、油分も補給してあげるのが正しい保湿方法なのです。

 

肌の奥のセラミド層にたくさんの水分が補給されることで、乱れていた肌のターンオーバー周期が整えられ、潤いを保ちやすい肌へと変わっていきます。
潤っている肌はバリア層もしっかりしているので、外からの刺激にも強くなるのです。
つまり、大人ニキビのできにくい肌になっていくのです。

 

 

大人ニキビ肌には水分がまず必要

 

大人ニキビ肌に必要なのは、まず何よりも水分です。
化粧水をたくさん使って、たっぷりの水分を肌の奥へと浸透させてあげましょう。
乾燥肌が改善されないうちは、なかなか水分が奥に浸透しないかもしれません。
そんな時は、何度かに分けて、念入りに化粧水で水分補給を行なうことです。
こうした念入りな水分補給を続けていくことで確実に肌は潤い始め、大人ニキビにも強くなります。

 

水分が十分に補給できてから、油分で保湿という法則を頭に叩き込んでおきましょう。
大人ニキビ肌が欲しがっているのは第一に水分で、第二に油分なのです。

 

水分を補給してから油分でフタをするというのが、大人ニキビ肌の保湿のポイントとなります。