ニキビケアにおける保湿の大切さ

MENU

ニキビ対策における保湿の大切さ

大人ニキビの対策や改善には、「保湿」がとても重要なポイントとなってきます。
皮脂が多いからといって、保湿を控えたりしていませんか?
乾燥肌になると、しっかり保湿をしているつもりでもできていなかったりもします。

 

ここでは、大人ニキビの対策や改善に、どれくらい保湿が重要なのかをご説明します。

 

 

皮脂が多いのは乾燥肌のせい?

 

「私は皮脂が多くていつも肌がオイリーだから、これ以上保湿はしなくてもいい」…なんて思い込んでいませんか?
その思い込みには大きな間違いがあります。
保湿ができていなくて肌が乾燥しているために、乾燥を防ごうと皮脂がたくさん分泌される状態となっているのです。

 

その上に、皮脂を落とさなければと思い、念入りすぎる洗顔を繰り返していると、さらに肌の乾燥は進行し、皮脂の分泌量も増えてニキビができやすくなります。
その分、しっかりと保湿ができていればいいのですが、そうでない場合は、皮膚も硬くなり毛穴がつまりやすい肌となってしまうのです。

 

 

保湿することで毛穴に皮脂がつまりにくくなる

 

保湿をしっかりして、皮膚を柔らかくすることで、毛穴に皮脂がつまりにくくなります。
硬い皮膚は柔軟性に欠けるので、毛穴を開いたりふさいだりしてコントロールするのが難しくなり、肌のターンオーバーの周期を乱す原因ともなります。

 

肌のターンオーバーの周期が伸びると、肌表面にはどんどん古い角質がたまっていくことになります。
古い角質が毛穴につまり、そこに皮脂も加わることで大人ニキビが何度もできてしまうことになるのです。

 

 

保湿すれば皮脂の分泌も減る

 

保湿をすることで、肌が中からしっかり潤うと、皮脂の分泌量は減ります。
なぜならば、肌は潤っているので、皮脂が分泌する必要がなくなるからです。
皮脂には、分泌することで肌の水分をこれ以上蒸発させないようにという働きがあるのです。
これは、化粧水で保湿をした後の乳液の働きと同様です。

 

つまり、保湿というのは水分と油分の2つが揃って初めてちゃんとできたと言えるのです。
水分だけ、油分だけの保湿ではパーフェクトな保湿とは言えません。

 

洗顔後に保湿をする時には、たっぷりの化粧水を浸透させてから、乳液でしっかりフタをしてあげることです。
その積み重ねによって、皮脂の異常分泌も減り、皮膚も柔らかくなるので大人ニキビができにくい肌環境を作っていくことができます。