白ニキビと黒ニキビについて

白ニキビが悪化すると目立つ黒ニキビになる

大人ニキビにはさまざまな症状があり、症状によって色も変わります。
なるべく早い段階で大人ニキビを治すことが理想的ですが、忙しい毎日の中、初期段階の大人ニキビに気づかず、そのまま放置して過ごしてしまうこともあります。

 

そうしている間に、大人ニキビはどんどん悪化して、ついには目立つニキビ跡になって残ることもあるのです。
大人ニキビの色から症状と段階を知って、早い対処が出来るといいですね。
ここでは、比較的初期の段階である白ニキビと黒ニキビについて詳しくお話しします。

 

 

ニキビは段階によって色が違う

 

大人ニキビは色を見れば、今どの段階なのかがわかります。
症状によって色が変わるから、段階がわかるのです。

 

色には白、黒、赤、黄があります。
黄色の段階になると、大人ニキビはかなり進行していてニキビ跡ができる可能性は極めて高いと言えます。

 

できることなら、早い段階で大人ニキビを治したいですよね。
それによってニキビ跡ができるできない、残る残らないが変わってきます。

 

 

初期段階の白ニキビとは?

 

大人ニキビの初期段階である白ニキビは、基本的に皮脂が毛穴につまっているだけの状態です。
中には、アクネ菌が発生し始めているものもありますが、まだこの時点では化膿はしていないので、かなり初期の段階だと言えます。
毛穴につまっている皮脂は、空気中にさらけ出されてはおらず、皮がかぶっているので保護されている状態です。

 

この段階で、強い刺激や摩擦を与えると、保護している皮がめくれて、毛穴の中の皮脂が出てきてしまいます。
そこから細菌が入って炎症を起こすこともあり、さらに悪化していくのです。

 

 

どうして白から黒になるの?

 

白ニキビの時に、毛穴につまっている皮脂が何らかの影響で空気中に触れることで酸化を起こして、皮脂が黒くなってしまいます。
つまり、これが毛穴の黒ずみとも言われることがあり、黒くなることで視覚的にもかなり目立つようになります。

 

皮脂が空気中に触れていることから、細菌に感染する確率も高くなっています。
白ニキビから黒ニキビに発展しても、適切な処置ができていなければ炎症を起こし、さらに大人ニキビは悪化します。

 

黒ニキビの時点で炎症が治まったとしても、黒い皮脂が肌のターンオーバーによって排出されなかった場合には、毛穴の黒ずみとして残ることがあるので要注意です。

page top