茶色いニキビ跡に効く美容液の選び方

シミのような茶色いニキビを消す美容液の選び方

シミのように茶色いニキビ跡をご存じですか?
一見、シミと間違えられることも多いのですが、茶色いニキビ跡も結構しつこく残って女性の悩みの原因となっています。

 

茶色いニキビ跡を消すためには、どんな美容液を使えばいいのか?
ここで、詳しくお話しします。

 

 

ターンオーバーがうまく行っていないから茶色い

 

シミも茶色いニキビ跡も、実はできてしまう原因は同じなのです。
炎症を抑えようとしてたくさん発生したメラニン色素が、うまく排出されずに肌に残っていることで茶色いニキビ跡ができてしまっているのです。

 

うまく排出されないのは、肌のターンオーバーがうまく行っていないからです。
つまり、茶色いニキビ跡を消したいのなら、まず肌のターンオーバーを促してあげることが重要となってきます。

 

 

美白美容液でメラニンを排出

 

美白美容液に欠かせない成分が、「ビタミンC誘導体」です。
ビタミンC誘導体にはまず、肌のターンオーバーを促す効果があります。
それによって、肌に残ってしまっているメラニンを排出して、茶色いニキビ跡を消してくれるのです。

 

また、ひどいニキビ跡の場合、茶色いだけではなく凹凸ができてしまうこともあります。
ビタミンC誘導体には、コラーゲンを生成する働きがあるので、肌のターンオーバーを促す働きとともに、肌を生まれ変わらせて凹凸をなくします。

 

ビタミンC誘導体は、茶色いニキビ跡だけではなく、赤いニキビ跡にも効果があります。
炎症がおさまらない間は余計に赤くなっているニキビですが、ビタミンC誘導体の抗炎作用によって炎症がしずめられて、さらには炎症により薄くなった血管の壁を強くすることで赤みをおさえてくれます。

 

 

もっと効果が欲しいならハイドロキノン配合を

 

最近の美白美容液の成分の中で、最も美白効果があるとして注目されているのが「ハイドロキノン」です。
ハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われるほど美白効果が高い成分で、シミやくすみで悩む人に特に注目されて来ました。

 

実は、そんなハイドロキノンは、茶色いニキビ跡にも効きます。
ビタミンC誘導体よりも効果が高く、メラニン還元作用も抜群です。
美白効果が高い分、刺激もかなりありますので、使いすぎると肌荒れを起こす可能性があります。

 

 

まずはビタミンC誘導体入りの美容液を使ってみて、効果が感じられなかったら、気になるニキビ跡の部分だけにハイドロキノン配合の美容液を使用するなど工夫をすると、肌荒れに悩まされることもありません。

page top