ニキビに効果的なビタミンについて

大人ニキビに効果てきなビタミン成分

しつこい大人ニキビは、外側からだけでなく内側からのケアも大切です。
内側からビタミンを補給して、肌や体質自体を少しずつ改善していきませんか?
しつこい大人ニキビも、ビタミンには勝てません。

 

ここでは、大人ニキビを繰り返さないようにするためのビタミンをご紹介します。

 

 

ビタミンB2で皮脂分泌を抑える

 

ビタミンB2は主に、アーモンドやレバー、うなぎ、ヨーグルト、卵などに含まれる栄養素です。
大人ニキビへの効果としては、皮脂の分泌量をコントロールすることで、過剰な皮脂分泌を抑えてくれる作用があります。

 

ビタミンB2は食べ物から摂った脂質の代謝を促すことで、無駄な皮脂の分泌を抑えてくれるのです。
脂質の代謝がうまくいかずに、肌表面に皮脂が多くなると大人ニキビができやすくなる上に、炎症も起こりやすくなりますので、積極的にビタミンB2を摂るようにしたいですね。

 

 

ビタミンB6で肌のターンオーバーを促す

 

ビタミンB6は、豚肉や牛・鶏レバー、まぐろ、さんま、さばなどに含まれる栄養素です。
ダイエット中の女性は、肉をあまり食べないようにと避けているのをよく見かけますが、ビタミンB6を補給するためにもある程度は食べなければいけません。

 

ビタミンB6には、タンパク質の代謝を促進することで肌のターンオーバーを促す効果があります。
ビタミンB2と一緒に摂ることで、大人ニキビ改善への働きかけもさらに強くなります。
大人ニキビができないようにするためにも、できてしまった大人ニキビがニキビ跡にならないようにするためにも肌のターンオーバーを促進することはとても重要なことです。

 

 

ビタミンCで炎症を抑える

 

ビタミンCは美肌を保つ上で欠かせないとされる栄養素ですが、大人ニキビの炎症が起こらないように、もう起こっている場合はこれ以上ひどくならないように、炎症を抑えてくれる作用があります。
また、ビタミンB2と同様に、皮脂の異常分泌を抑えてくれたり、コラーゲンの生成を促すことで肌のターンオーバーを促進し、大人ニキビが治りやすくしてくれます。

 

大人ニキビが悪化すると、メラニンがたくさん発生してシミのようなニキビ跡ができることがあります。
このような症状にもビタミンCは働きかけ、少しずつ茶色いニキビ跡を消していってくれるのです。
ビタミンCはいちごやアセロラ、キャベツ、キウイ、レモンなどに多く含まれています。

 

この3種類のビタミンをしっかり摂ってしつこい大人ニキビを改善していきましょう。

page top