潤い・保湿成分が高い化粧水について

大人ニキビの化粧水は潤いがないとダメ!

大人ニキビができてしまう原因は、ほとんどが肌の乾燥によるものです。
肌の表面だけではなく、内側も水分不足になっていることで肌が硬くなり、古い角質もたまってしまっているから、大人ニキビを繰り返すのです。

 

そんな乾燥肌が欲しがっているのは何よりも潤い、つまり水分です。
水分を効率よく肌の奥に届けて潤わせてくれる化粧水はどんな化粧水なのか?
その特徴をここでご説明します。

 

 

水分が少ないとニキビができやすい

 

乾燥している肌は、乾燥しているのにも関わらずいつもオイリーでテカリがあります。
これは皮脂の異常分泌によるものですが、なぜ乾燥しているのに皮脂が多いのか、矛盾しているように感じる人も多いでしょう。

 

肌は水分と油分がバランスよく存在することで正常な状態を保っています。
しかし、水分が足りなくなると、油分をその分補わなければいけないと体は判断し、油分である皮脂をたくさん分泌してしまうのです。
皮脂がたくさん分泌されると、毛穴に皮脂がつまりやすくなるので、大人ニキビができやすくなってしまうというわけです。

 

 

有効成分はセラミドで決まり!

 

大人ニキビを繰り返す、潤い不足の肌に効くのが「セラミド」という有効成分です。
大人になるほど肌が乾燥しやすくなるのは、加齢によって肌の奥にある保水機能を果たすセラミドが薄くなるという原因も考えられます。

 

セラミド層が薄くなったり、セラミドが減ってしまうと、細胞同士がうまくくっつかなくなってしまい。肌のキメは乱れて、バリア機能も低下します。
そういう状態の肌に、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどの保湿成分を補給しても意味がなく、セラミド自体を補給しなければいけないのです。

 

セラミド入りのニキビケア化粧水でセラミドを補給することによって、肌のバリア機能も向上して、大人ニキビをつくらせない肌になります。

 

 

セラミドの保湿以外の効果とは?

 

セラミドは潤いを与えるだけではありません。
潤いを与えることにより、皮脂の異常分泌を防げるわけですから、アクネ菌の繁殖を抑えることができるのです。
アクネ菌のエサは油分、つまり皮脂です。
その皮脂が減るのですから、アクネ菌は繁殖しにくくなるので、ニキビもできにくくなるのです。

 

また、セラミドには皮脂の性質もあります。
肌の奥に浸透した水分を閉じ込めておくことで保水ができます。
閉じ込めるために油分化粧品や皮脂で覆うのですが、セラミドは皮脂の性質を持っていて水分を閉じ込めてくれる効果があるのです。

 

セラミド入りのニキビケア化粧水を使えば、乾燥知らずニキビ知らずの肌を保てます。

page top